SAIKAI

帰宅して保険屋の更新作業を済ますとTwitterのタイムラインに妙な文言が飛び込んできた。

魔女界なるグループが、新宿ゴールデン街のBAR GARDENにて「月曜日と和解する方法」なる会合を開くというので、全く趣旨の読めない点で大変興味が湧き足を運ぶことにした。

行ってみると、派手な格好をした人やら着物を着た人やらが居る。

男性参加者の服装は全体的に袖短め。

ちょっとガタイ良さげ。

そしてオネエ言葉を使っていた。

どうやらドラァグクイーンの方々主催のパーテーだったようで、ぼかぁよく知らないが界隈の人がどんどん来る。

皆やはり顔見知りのようで場の雰囲気はどんどん楽しくなっていった。

ミスターパンピーのオイラは、いつも通りカウンターを陣取り雰囲気に酔いながらいつものボトルを開けていると以前会ったことのあるお客様来店。

その方は、界隈の人ではない。

オイラのことは覚えていないようだったので、初めて会った時の会話についてリフレインしてみたり、近況報告聞いてみたりでいつも通り飲んでいた。

客がどんどん来る。本日のママさんが「いらっしゃ~い」という度に入口をチラチラと見ていると知ってる人が現れた。

思わず指を指してしまう始末。

その人はmarronさんだったのである。

2年弱ぶりの再会となった。

すっかりタンブラーを更新しなくなったもので、死んでるんではないかと心配されていた。

昔話しに花が咲き、marronさんから「また日記読みたい」というリクエストを頂きこうして日記を再開することにしたのだった。

最近は暇で暇で仕方がなく、あれだけぴーぴー騒いでた朗読もやってないもので、まったくもってネタがあるのかどうなのか。

「日記のネタ何かないかしら?」と思いながら過ごせばちょっとしたことくらい見つかるかも知れない。

イベントが盛り上がりを見せる中カラオケ大会が始まった。

オイラも、終盤でおひとつどうですか?とすすめられ、選曲に迷い「いかりの獣神」を歌う。

自分が思っている以上にヘビーな選曲だったようで、1番は歌いきれたが、2番の冒頭から膝から崩れ落ちる勢いで一気に酔いが回ってしまい、声をだそうにも出せない始末。

歌い終わったら思わずカウンターに突っ伏した。

吐く一歩手前。

人間の躰というのは大変よくできているようで、汗が一気に吹き出たことにより幾分かすっきりし一命をとりとめた(大袈裟)

一つだけ残念だったのは、せっかく「月曜日と和解する方法」というイベントなのに明日が休みということだろうか。

どうも月一開催になる模様。

できることならワシと一緒のパンピーを拉致して参加してみたいものだ。

2014年6月1日

台所の排水が詰まった。
少し前から流れが悪いと感じていたがいよいよダメになった。
それを治せないかと、ホースを外してしまった。
水が溢れる。急いでバケツを押し込んだが、下に住むおじさんが「ちょっとおたくー?」とやってきた。

やっぱりそうよね。

状況を確認すると言われ(夕方頃電気を消してだったが寝ていたよう)自分とこの床を吹いた後に確認しに行く。
「あー大丈夫だったよ。水だけは気をつけてね」
え?
大家に報告。
やはり写真におさめておくのが大事とのことで再訪問。
それでもまた大丈夫とおっちゃん。
保険屋を呼ぶほどじゃないと。
本当に?
二回目の訪問時は大家さんも立ち会ってくれたので、勝手に「俺が大丈夫って言ってました」言う感じにならなかったのはいいが。
水が少しポタポタ落ちてきた程度だったと言ってたが、やっぱそれマズイぜ。

詰まりを直してもらうまで水道は使えない(使えるけど使わないでと言われてる)
この暑い時期になんてこったい。

大人しく初めから大家に相談しとけばよかった。
朝からパチ屋行って16時前には5万勝ちで帰宅していた。
事件は其の後に起きた(というよりも起こした)
泡銭があるのだから水道屋に金払うのなどワケないのだから。
焦りは禁物。

そして、銭湯から帰ると使ってないはずの台所に水が溜まっていた。
逆流。
雑巾で絞ってバケツに泥水を移動。
本当にドブくさい。
本当おっちゃん大丈夫?と再度思う。

新年のご挨拶

新しい年を迎えてから一ヶ月後のご挨拶となりました。

昨年の9月30日より全く更新してなかったこのアカウントをフォローし続けてくださってる皆様本当にありがとうございます。


近況。

昨年11月30日に引越し。

今の家は、風呂なし、冷蔵庫なしの4畳半。

そんなわけで、朝は納豆食べてます。

過去の「おから生活」の記事をリブログしてくださった方、今はもうおから生活してないんです。

冷蔵庫がないとできないので。

夏場はどうするかは未定。

乾麺生活になるのかなぁ?

冷蔵庫をおかないおかげで、出かけるときにブレーカーを落とすので、一ヶ月の電気代が961円てなことになりました。

おかげで請求書が来ません。いくらかまとまらないと来ないっぽい。

毎月来て欲しい。

ガス代はガス暖房使用で、米もガスで炊いてる関係で6000円ほど。

昼はスーパーで弁当買って、夜は豆腐一丁と白菜の漬物と焼酎で晩酌。

おかげさまでガリガリ。


最近また元のスロッカスに戻りつつある。

約10年前みたいに好き勝手打てないが吉宗3に夢中なってしまってる。

暇すぎるのがよくないのだろう。

しかし、なにもやりたいことがない。

スマホのアプリの方でもやってる。

吉宗思った以上に人気ないみたいだからあと少しで消えるだろう。

おかげさまで本日は30kほど浮いた。

ありがとうございます。


仕事の方は順調で、周りの人もいい人&酒飲みが多いってことでまぁまぁうまくやっている。

それでも、最近は寝てる時の歯ぎしりが酷い。

ストレスが相当なんだろうか。

電話の仕事をしてるのだが、時々自分でも「声色変えてなにやってんだか」って思う時がある。

仕方なしに生きてる感が拭えない。

あぁまた明日様がお呼びだよ。

はいはいわかりました。

もう寝ます。

気が向いたらまたなんか書きます。

あんていを
もとむおとこのそのすがた
かわにおぼれる
はたらきありかな

2013年9月26日の日記

ノートに日記を書くことにした。

いきるつらさにあらがいてたよりをもとむすずむしのこえ

2013年9月21日の日記

最近朝起きられない。

起きられない。

ギリギリ仕事場には行くが、起き抜けのぼーっとしてる感じがひどい。

シフト制の勤務になって曜日の感覚がない。

仕事上重要な感覚なのだが、まだ慣れない。

昔は、週一休みの平日休みだったのだが、長いこと土日休みだったせいか、朝の電車の雰囲気でやっと気づく。

朝起きられなかったので弁当を用意できず昼はKFCにて500円ランチ。

高いが仕方ない。

肉とレタスをはさんだパンとじゃがいもの揚げ物を食べるのが面倒だった。

食後にコーヒーを飲みながら煙草を吸えなければ払う気がしないと思った。

特にじゃがいもの揚げ物を食べるのが面倒だった。

次に行く時は単品になるかもしれない。

仕事中、上の人がとてもいい人だと感じた。

職場としては申し分ない職場環境だと思う。。

現場の人の声を拾えるような体制を整えてることも今日判明した。

だが、同時に「もう少しいい加減にしてくれればこちらも楽なのに」とも感じた。

人の優しさがなんだか怖い。

高円寺に戻ってきたときに、モヤモヤするので外食でもしようかと思った。

昼とはエライ違い。

ストレス、疲れが溜まっているのだろう。

よく行く安い定食屋に行こうかと思ったが、今日は休みだと思いやめた。

これを書いてる途中で、今日は日曜日じゃなくて土曜日だったことに気づいた。

ちゃんと営業していた。

いつも行くコンビニじゃなくスーパーに行ってみた。

買いたいものが見当たらなかった。

馴染みの88円大韓民国製ビールが売ってる店に行って、10分ほど狭い店内をうろついた。

何を飲もうか、何を食おうか気持ちがまとまらずに、面倒になって家に帰った。

その頃にはもう夕飯を食べるのも面倒くさくなっていたが、一応米を炊いて、作り置きしてるおからを食べた。

なんとなく満たされないが、これ以上食べても朝が辛くなるだけだし、外に出るのも面倒なので、だめにんげんだもの3を聞きながらぼーっと煙草を吸っていた。

何もしたくない。

数ヶ月前まではかわいく、換気扇の下や、外で煙草を吸っていたのだが、面倒になってきて部屋の窓を開けて、キッチンと居間を仕切る扉を開けて、キッチンの窓をあけて風通しをよくし、煙草を吸うようになったので吸う本数が増えた。

と言っても一日約一箱なので昔に戻っただけだ。

本数が少なくなってくると次の日の朝吸いたいと思い急いで布団に潜る。

寝てる間も身体はニコチンを欲するようで寝ても寝ても疲れが取れないのは、身体がちゃんと寝てないからだろう。

それでも吸うのだから世話ない。別にそれでいいと思っているが。

ふと書いてる途中に山手線に居たオヤジを思い出した。

渋谷駅から新宿に向かう電車に乗るときに、先頭車両の位置で立っていたらややハゲ散らかったオヤジが、背広を着て手ぶらで電車に乗った。

席が空いていたので、フラフラしながら座ったが思わず、若い女性の隣に座り慌てて端に寄っていた。

俺も手ぶらが理想だが、背広で手ぶらはどこか違和感がある。

思わず女性の隣に座るあたりに、「ギリギリ残っている性欲が生きる原動力なのだろうか?」と勝手に妄想した。

今日はまた一段と生きるのが面倒だと感じている。

2013年9月18日の日記やらここ最近のこと。

丸一日の休みが、今月はまだ一日もない。
かといって、朝から晩まで働いてるわけではないが、時々嫌になる。
早いところ、引っ越ししたい。
電話も安くしたい。
そして、山に小屋を建てたい。

一日は、仕事、飯、ネット、風呂、寝る。で、構成されている。
山小屋ぐらしになったとしても「仕事」が減るorなくなる(後者を目指したい!)くらいだろうが、とにかくまぁ働きたくないんだな。

今日も例によって、休み返上の日雇い。
片道一時間もかかる現場だった。
今日はかなり楽だったんでまぁよし。
故郷へ一時帰国してる友より仕事をはじめたと連絡あり。
無事に働けたようで何より。
働きたくない俺が言っても説得力ないか。
21時前友が我が家に、上記の一時帰国者の荷物を取りにくる。
どことなく疲れているようだったか、気の利いた言葉をかけられなかった。
今日は幾分か調子良かった気がしたがまだまだだな。

夕飯はインスタントカレー。
日雇い現場のマンションから匂ったカレーに触発されて。
朝起きられないと、惣菜パンなどを買うが、最近あんまりまずくてびっくりした。
食べ物には基本うるさくないのに、あんなにまずいと思うのは自分でも驚いた。
インスタントのカレーもやはりどこかもの足りない。
だがさすがに仕事終えてカレーを作る余裕はない。
一度に10食分くらい作るので時間がかかる。
材料配分の応用力のなさよ。

日雇い三日分の給与から定期を継続させた。
残りの配分に迷う。
こんなつまらんこと考えたくない。

すっかり秋になった。
朝晩の寒さが、冬が近づくことを知らせているようで心地が良くない。
冬は本当に好きじゃない。
寒いのはダメだ。
極度のストレスを日常的に受ける状態。
すっかり煙草復活したのも冬だった気がする。

「今だけ今だけ」と言い聞かせて明日に迎え討つか。

寝よう。

ついつい夜中まで起きてしまうと次の日の朝起きるのが本当に辛い。
まだ、新しい仕事は研修が始まったばかりだというのに時々猛烈に嫌になる。
元が働きたくないで埋め尽くされてる部分はあるにしてもちょっと弱りすぎ。
ちゃんと寝よう。
しばらく、休みなしなのだから。

一応こんなおいらにも、少なからずBライフ的暮らしをしようという目標ができたので、そのことに頭を巡らしてるせいか、幾分か日々をスルーできるようになってきた。
モチベキープのためにも健康には留意する必要がある。

昼休みに本を読むようになった。
一時期は本も読めなかった。
どんなに好きな作家でも読めなかった。
少しは元気になってるのかもしれない。

Bライフ構想は、定住地の確保をした方がいいんじゃないかと思ってきた。
畑をやるスペースと、金のかからない土地があるとやはり心強い。
まだ少し迷ってる。
まだまだ研究しないと。
本買う金かー
11月頃からチマチマと。

寝不足で鬱気味の花が育つ前にメモして寝る。

なっとうばかりくっててもいいのか

image

本日は休み返上で日雇いバイト。

画像はバイト先で撮った写真。

解体現場で他に数冊のエロ本と、何本かのエロビデオ(しかもVHS)が出てきた。

一本、タイトルがずばり「無修正」ってやつがあって、胡散臭さ満点だった。

VHSを再生できる環境があったら現場で笑い取るついでに持って帰ったんだがなぁ。


今月はまとまった金が入らず、財布の中身は現在3000円。

明日もバイトになり、交通費がなんと片道520円。

つまり1040円かかる。

ほかに飲み物代、タバコ代って…前にもこんな行を書いたきがするので省略。

家賃は前月7月分の給与から確保したので、他の支払いの金を作るためにバイトしてるということ。

実際いくらかかるのか、ちゃんと計算してみよう。


定期代:10750円

水道光熱費:10000円

携帯代:10000円(マジふざけんな!)

もう使えないクレカ支払い:16000円

市民税の分割分:10000円

ネット代:5000円

約62000円かな?

今日のバイトの実動が7時間なので約7000円振込まれる。

明日のバイトの実動が8時間なので約8000円振込まれる。

週二回バイトに入れたとして、あとは全て7時間だとしたらどうなるか?

15000+(14000*3)=57000

…。

たりねーじゃねーか!!!!

新しく始まった仕事がシフト制で、週2~3日休みという契約なのでどうなるかわからないが、これはこれはどうしたもんか。

日常の雑費(主にタバコだけど)に金が払えん。

つーか8時間で入れても、バイト行く時交通費かかるわけだから、もうどう頑張っても無理じゃん\(^^)/

ネット代と、携帯代には泣いてもらおうかな…。

いや、ギリギリまでもちろん頑張りますよ。

結局あとに回るだけなんで。

しゃーないしゃーない。

まぁ今月も頑張りましょう。


 家賃の安い風呂なし共同便所に引っ越そうと思ってるのだが、見てるとキッチンが非常に弱い。

包丁やら皿やら置くところがなさそう。

置けるのは当然一口コンロ。

間取りを見てても冷蔵庫置くのも怪しいレベル。

じゃあどうしようと考えた挙句

「納豆食ってりゃいいんじゃね?」という結論に。

収納に米を入れ、毎日米炊いて納豆。

納豆はタレも辛もついてないプレーンタイプが3個で50円くらいで買える。

冷蔵庫なしなので、基本的に三食それを毎日食べきる。

これでいいんじゃね?

「栄養が偏る」って言う人が居るけど、外食ばっかりしてる人がノビノビ生きてるこの時代を考えると、なんの説得力も感じない。

油ギトギト、万人に通用するように味濃いめ。これが外食。

こっち食い続けてる方がよっぽど身体に悪い気がする。

食いすぎたら動けないし、朝起きられないしでいいことないよ?

金もかかるし。

ワシの大好きな「なっとうばかりくっててもいいのか」という歌がある。

生活苦を歌い上げる心にしみる歌だ。

どこか、コミカルさと吹っ切れてる感が漂っているのもよい。

これを歌いながら毎食納豆生活。

想像しただけでよだれものだ!