新年のご挨拶

新しい年を迎えてから一ヶ月後のご挨拶となりました。

昨年の9月30日より全く更新してなかったこのアカウントをフォローし続けてくださってる皆様本当にありがとうございます。


近況。

昨年11月30日に引越し。

今の家は、風呂なし、冷蔵庫なしの4畳半。

そんなわけで、朝は納豆食べてます。

過去の「おから生活」の記事をリブログしてくださった方、今はもうおから生活してないんです。

冷蔵庫がないとできないので。

夏場はどうするかは未定。

乾麺生活になるのかなぁ?

冷蔵庫をおかないおかげで、出かけるときにブレーカーを落とすので、一ヶ月の電気代が961円てなことになりました。

おかげで請求書が来ません。いくらかまとまらないと来ないっぽい。

毎月来て欲しい。

ガス代はガス暖房使用で、米もガスで炊いてる関係で6000円ほど。

昼はスーパーで弁当買って、夜は豆腐一丁と白菜の漬物と焼酎で晩酌。

おかげさまでガリガリ。


最近また元のスロッカスに戻りつつある。

約10年前みたいに好き勝手打てないが吉宗3に夢中なってしまってる。

暇すぎるのがよくないのだろう。

しかし、なにもやりたいことがない。

スマホのアプリの方でもやってる。

吉宗思った以上に人気ないみたいだからあと少しで消えるだろう。

おかげさまで本日は30kほど浮いた。

ありがとうございます。


仕事の方は順調で、周りの人もいい人&酒飲みが多いってことでまぁまぁうまくやっている。

それでも、最近は寝てる時の歯ぎしりが酷い。

ストレスが相当なんだろうか。

電話の仕事をしてるのだが、時々自分でも「声色変えてなにやってんだか」って思う時がある。

仕方なしに生きてる感が拭えない。

あぁまた明日様がお呼びだよ。

はいはいわかりました。

もう寝ます。

気が向いたらまたなんか書きます。

あんていを
もとむおとこのそのすがた
かわにおぼれる
はたらきありかな

2013年9月26日の日記

ノートに日記を書くことにした。

いきるつらさにあらがいてたよりをもとむすずむしのこえ

2013年9月21日の日記

最近朝起きられない。

起きられない。

ギリギリ仕事場には行くが、起き抜けのぼーっとしてる感じがひどい。

シフト制の勤務になって曜日の感覚がない。

仕事上重要な感覚なのだが、まだ慣れない。

昔は、週一休みの平日休みだったのだが、長いこと土日休みだったせいか、朝の電車の雰囲気でやっと気づく。

朝起きられなかったので弁当を用意できず昼はKFCにて500円ランチ。

高いが仕方ない。

肉とレタスをはさんだパンとじゃがいもの揚げ物を食べるのが面倒だった。

食後にコーヒーを飲みながら煙草を吸えなければ払う気がしないと思った。

特にじゃがいもの揚げ物を食べるのが面倒だった。

次に行く時は単品になるかもしれない。

仕事中、上の人がとてもいい人だと感じた。

職場としては申し分ない職場環境だと思う。。

現場の人の声を拾えるような体制を整えてることも今日判明した。

だが、同時に「もう少しいい加減にしてくれればこちらも楽なのに」とも感じた。

人の優しさがなんだか怖い。

高円寺に戻ってきたときに、モヤモヤするので外食でもしようかと思った。

昼とはエライ違い。

ストレス、疲れが溜まっているのだろう。

よく行く安い定食屋に行こうかと思ったが、今日は休みだと思いやめた。

これを書いてる途中で、今日は日曜日じゃなくて土曜日だったことに気づいた。

ちゃんと営業していた。

いつも行くコンビニじゃなくスーパーに行ってみた。

買いたいものが見当たらなかった。

馴染みの88円大韓民国製ビールが売ってる店に行って、10分ほど狭い店内をうろついた。

何を飲もうか、何を食おうか気持ちがまとまらずに、面倒になって家に帰った。

その頃にはもう夕飯を食べるのも面倒くさくなっていたが、一応米を炊いて、作り置きしてるおからを食べた。

なんとなく満たされないが、これ以上食べても朝が辛くなるだけだし、外に出るのも面倒なので、だめにんげんだもの3を聞きながらぼーっと煙草を吸っていた。

何もしたくない。

数ヶ月前まではかわいく、換気扇の下や、外で煙草を吸っていたのだが、面倒になってきて部屋の窓を開けて、キッチンと居間を仕切る扉を開けて、キッチンの窓をあけて風通しをよくし、煙草を吸うようになったので吸う本数が増えた。

と言っても一日約一箱なので昔に戻っただけだ。

本数が少なくなってくると次の日の朝吸いたいと思い急いで布団に潜る。

寝てる間も身体はニコチンを欲するようで寝ても寝ても疲れが取れないのは、身体がちゃんと寝てないからだろう。

それでも吸うのだから世話ない。別にそれでいいと思っているが。

ふと書いてる途中に山手線に居たオヤジを思い出した。

渋谷駅から新宿に向かう電車に乗るときに、先頭車両の位置で立っていたらややハゲ散らかったオヤジが、背広を着て手ぶらで電車に乗った。

席が空いていたので、フラフラしながら座ったが思わず、若い女性の隣に座り慌てて端に寄っていた。

俺も手ぶらが理想だが、背広で手ぶらはどこか違和感がある。

思わず女性の隣に座るあたりに、「ギリギリ残っている性欲が生きる原動力なのだろうか?」と勝手に妄想した。

今日はまた一段と生きるのが面倒だと感じている。

2013年9月18日の日記やらここ最近のこと。

丸一日の休みが、今月はまだ一日もない。
かといって、朝から晩まで働いてるわけではないが、時々嫌になる。
早いところ、引っ越ししたい。
電話も安くしたい。
そして、山に小屋を建てたい。

一日は、仕事、飯、ネット、風呂、寝る。で、構成されている。
山小屋ぐらしになったとしても「仕事」が減るorなくなる(後者を目指したい!)くらいだろうが、とにかくまぁ働きたくないんだな。

今日も例によって、休み返上の日雇い。
片道一時間もかかる現場だった。
今日はかなり楽だったんでまぁよし。
故郷へ一時帰国してる友より仕事をはじめたと連絡あり。
無事に働けたようで何より。
働きたくない俺が言っても説得力ないか。
21時前友が我が家に、上記の一時帰国者の荷物を取りにくる。
どことなく疲れているようだったか、気の利いた言葉をかけられなかった。
今日は幾分か調子良かった気がしたがまだまだだな。

夕飯はインスタントカレー。
日雇い現場のマンションから匂ったカレーに触発されて。
朝起きられないと、惣菜パンなどを買うが、最近あんまりまずくてびっくりした。
食べ物には基本うるさくないのに、あんなにまずいと思うのは自分でも驚いた。
インスタントのカレーもやはりどこかもの足りない。
だがさすがに仕事終えてカレーを作る余裕はない。
一度に10食分くらい作るので時間がかかる。
材料配分の応用力のなさよ。

日雇い三日分の給与から定期を継続させた。
残りの配分に迷う。
こんなつまらんこと考えたくない。

すっかり秋になった。
朝晩の寒さが、冬が近づくことを知らせているようで心地が良くない。
冬は本当に好きじゃない。
寒いのはダメだ。
極度のストレスを日常的に受ける状態。
すっかり煙草復活したのも冬だった気がする。

「今だけ今だけ」と言い聞かせて明日に迎え討つか。

寝よう。

ついつい夜中まで起きてしまうと次の日の朝起きるのが本当に辛い。
まだ、新しい仕事は研修が始まったばかりだというのに時々猛烈に嫌になる。
元が働きたくないで埋め尽くされてる部分はあるにしてもちょっと弱りすぎ。
ちゃんと寝よう。
しばらく、休みなしなのだから。

一応こんなおいらにも、少なからずBライフ的暮らしをしようという目標ができたので、そのことに頭を巡らしてるせいか、幾分か日々をスルーできるようになってきた。
モチベキープのためにも健康には留意する必要がある。

昼休みに本を読むようになった。
一時期は本も読めなかった。
どんなに好きな作家でも読めなかった。
少しは元気になってるのかもしれない。

Bライフ構想は、定住地の確保をした方がいいんじゃないかと思ってきた。
畑をやるスペースと、金のかからない土地があるとやはり心強い。
まだ少し迷ってる。
まだまだ研究しないと。
本買う金かー
11月頃からチマチマと。

寝不足で鬱気味の花が育つ前にメモして寝る。

なっとうばかりくっててもいいのか

image

本日は休み返上で日雇いバイト。

画像はバイト先で撮った写真。

解体現場で他に数冊のエロ本と、何本かのエロビデオ(しかもVHS)が出てきた。

一本、タイトルがずばり「無修正」ってやつがあって、胡散臭さ満点だった。

VHSを再生できる環境があったら現場で笑い取るついでに持って帰ったんだがなぁ。


今月はまとまった金が入らず、財布の中身は現在3000円。

明日もバイトになり、交通費がなんと片道520円。

つまり1040円かかる。

ほかに飲み物代、タバコ代って…前にもこんな行を書いたきがするので省略。

家賃は前月7月分の給与から確保したので、他の支払いの金を作るためにバイトしてるということ。

実際いくらかかるのか、ちゃんと計算してみよう。


定期代:10750円

水道光熱費:10000円

携帯代:10000円(マジふざけんな!)

もう使えないクレカ支払い:16000円

市民税の分割分:10000円

ネット代:5000円

約62000円かな?

今日のバイトの実動が7時間なので約7000円振込まれる。

明日のバイトの実動が8時間なので約8000円振込まれる。

週二回バイトに入れたとして、あとは全て7時間だとしたらどうなるか?

15000+(14000*3)=57000

…。

たりねーじゃねーか!!!!

新しく始まった仕事がシフト制で、週2~3日休みという契約なのでどうなるかわからないが、これはこれはどうしたもんか。

日常の雑費(主にタバコだけど)に金が払えん。

つーか8時間で入れても、バイト行く時交通費かかるわけだから、もうどう頑張っても無理じゃん\(^^)/

ネット代と、携帯代には泣いてもらおうかな…。

いや、ギリギリまでもちろん頑張りますよ。

結局あとに回るだけなんで。

しゃーないしゃーない。

まぁ今月も頑張りましょう。


 家賃の安い風呂なし共同便所に引っ越そうと思ってるのだが、見てるとキッチンが非常に弱い。

包丁やら皿やら置くところがなさそう。

置けるのは当然一口コンロ。

間取りを見てても冷蔵庫置くのも怪しいレベル。

じゃあどうしようと考えた挙句

「納豆食ってりゃいいんじゃね?」という結論に。

収納に米を入れ、毎日米炊いて納豆。

納豆はタレも辛もついてないプレーンタイプが3個で50円くらいで買える。

冷蔵庫なしなので、基本的に三食それを毎日食べきる。

これでいいんじゃね?

「栄養が偏る」って言う人が居るけど、外食ばっかりしてる人がノビノビ生きてるこの時代を考えると、なんの説得力も感じない。

油ギトギト、万人に通用するように味濃いめ。これが外食。

こっち食い続けてる方がよっぽど身体に悪い気がする。

食いすぎたら動けないし、朝起きられないしでいいことないよ?

金もかかるし。

ワシの大好きな「なっとうばかりくっててもいいのか」という歌がある。

生活苦を歌い上げる心にしみる歌だ。

どこか、コミカルさと吹っ切れてる感が漂っているのもよい。

これを歌いながら毎食納豆生活。

想像しただけでよだれものだ!

どんどん浮かぶ格安生活

毎日毎日いかに生活費を抑えて暮らすかを研究していたらどんどん情報が集まってくる。

現在使ってるiPhoneの通信費が一万円弱とバカ高くて仕方ない。

大体、電話なんかこちらからすることはほとんどないし、かかってくることもほとんどない。

何に使ってるかといえば、主にTwitter閲覧。

それなら格安simとIP電話050Plusで十分だろうというところまで突き止めたものの、IP電話が支払い対応クレカのみorz

ブラックなオイラとしては痛い条件。

だが、プロバイダ契約してるso-netに似たプランがあった。

それが、

So-net モバイル LTE+talk

こちらは、現在のso-netの契約にオプションで追加するのみでOK。

支払いも、現状はNTTおまとめ請求対応。

仮に光を解約してもそのまま口座振替に移行できるっぽい。

ネット+通話で2310円。

電話代の大幅カットに成功する。

なんで電話してないのに1万弱取られるのか本当にわからない。

保証サービスみたいなのにお金払ってるのは重々承知だけど、それでもそんなにいくか?と疑問に毎月思ってしまっていた。

ヒントとなったブログは

携帯会社を通さずにスマホ利用

ここにもあるように各社携帯電話会社の料金体系は複雑すぎる。

実質0円の機種代に今まで相当騙されていたんだなと思う。

LTE対応のsimフリー機はそこそこの値段がするとしても、数年は使えるから元は取れるだろう。

型落ちで十分だし、中古販売店でも探そうか。


最近、こうした格安生活に頭を働かせていると、営業をしていたときに会った中古車販売のオヤジが言っていたことを思い出す。

「車自体は300万くらいで作れる。あとは、かかるお金は工賃だ。」と。かかった日数でかけて上乗せするだけ。心の中でボロっ!と思った。

これは所謂高級車の中身である。

大衆車はいくらなんだろうか?

近年ぶつくさ言ってる家にしたって、材料費だけで見たらとても安い。

建物代の内訳も、大工さんに払う給料やらなんやらでいっぱいということだ。

もちろん、職人さんたちに罪はない。

だけど、自分が生活するために十分な広さのものは自分で作れるはずだ。

そういう書籍もいっぱい出てるし、作って生活してる人たちの、ブログやHPは検索すればいくらでも出てくる。

車の話で言えば、「皮だけフェラーリ、エンジンは軽」みたいなのも作ろうと思えば作れるのだろう(実際の仕様については知らないので詳しい方細かいツッコミはやめてね)。

所謂エンジン載せ換え。

何も知らないガールなら、フェラーリの皮だけ見て「生活力のある男なのね」と勘違いすること間違えなし。

山奥に土地買ってちょっと大きめのなかなかセンスの良い小屋を自分で建てて、別荘買ったと嘘つけば、これまた騙されるのかしら?

飯一つとっても、外食と自炊じゃ掛かる費用は雲底の差。

自分に必要な分だけ作ればOK。

高い金払って量の多い飯を無理くり詰め込む必要もなし(腹いっぱい幻想が襲ってきたときはつい足を運んでしまうが)。

今まで「これくらいかかるのが当たり前」と思ってたものがほとんどそうじゃなかったと気づけば気づくほど、自分に必要なものを自分に必要な分だけ自分で用意することが大事だと感じてきた。

思いついたことつらつら

★土地問題
・駐車場を借りる→維持費がかかる(1〜3万目安)→定住地確保できる
・農地を借りる→維持費がかかる。市民農園なら安い(年間4000〜)→定住地確保できる
・土地を買う→資産価値なしなら最初だけ費用がかかる→定住地確保できる
・土地を借りない買わない→費用0→移動し続ければ転がる石に苔は生えずで暮らしていける→もしもの時の銭を稼ぐのに苦戦。ノマドワーカーになれればOK→落ち着ける時間が少ない?

★インフラ問題
・電気→ソーラーパネル
・水道→公園
・トイレ→公共施設、店等
・ガス→カセットコンロ
・風呂→銭湯。ただし銭が必要。→五右衛門風呂。ただし下水が難しい。

★金銭問題
・いくら必要か?→銭湯代約13000円(都内)、土地維持費(ケースバイケース)、食事代(ケースバイケース)
・どう稼ぐか?→理想はノマドワーカー。具体案現時点で無し。→日雇いバイト月2〜3回。ただし土地問題等も絡んでくるので、労働日数はケースバイケース。住所がないと困難。→資源(鉄くず)回収(完全歩合制)→雑誌拾って売る(完全歩合)

★食事
・畑をするための土地を確保できれば自給自足で銭いらず。土地に維持費がかかる場合は別途必要。
・土地を確保できなければ日銭を作ってカップ麺などを食らう。


箇条書きで書いてみて思ったのは、なんだかんだ置く場所があると楽と、感じる。
現段階で一番安く住むのは市民農園の使用権利を得ること。
抽選とのことで、この壁を越えられるか。
抽選も数年に一回なので、一度外れると待つ必要が出てくる。
すぐにできるのは転がる石作戦。
プランターで作れるものを食えばいいのか?
ミニトマトとか。
家にプランタールームを別途取付すれば?…。
大きさは?

今日は頭の整理ここまで。
まだまだグチャグチャ。